• PSYCHOSIS

おおきくなったらなんになる/大島朋恵


みなさまこんばんは。大島朋恵です。



みんなでリレーするブログ、

大島先輩の締切は7/9です、7/9の24:00までにお送りください

と、水上先生のお達しが来ており、いまは7/9の23:27です。

大変にまずい。



こんかい、乱堂博士役で出演しておりますが、

もうひとつ、阿部定の少女時代(通称: ちいサダ)も演じております。

ビジュアル撮影のときから、松村翔子さんの阿部定を、

おおきくなったらこうなるんだ、と、

目を皿のようにしてみつめています。



「津山三十人殺し 幻視行」の阿部定のシーンは、

月蝕歌劇団での初演からずっと、だいすきでした。

こんかいも、圧倒的にうつくしい おさぁちゃん なのですが、

翔子さんの演じる おさぁちゃん はとても人間的で、

そこにとても惹きつけられます。

高取さんの本だし、理科さんの演出、曽田さんや優太さんの振付も入って、もう全然、いわゆる「生っぽい芝居」ではないわけなのですけども、

そこにいる おさぁちゃん はとても、「生の人間」なのだから不思議です。

吉さんとのシーンも、都井との関わりも、とても素敵なシーンになっています。

わたしもそこへ繋ぐべく、いいシーンを作りたいとおもいます。



そういえばさいきん、「阿部定さんの印象」という坂口安吾の随筆を読んだのですが、なんだかすごく納得しましたので、気が向いたらどうぞ。青空文庫で読めます。

と、ちいサダの意気込みを語りつつ、

さて本役の乱堂博士ですが。



めいっぱい遊びます。みておれ。以上。



観ていただけたらお分かりいただけるかとおもいますこのかんじ。



さて、締め切りまであと二分です。

画像は2015年と2022年の高田の後頭部です。



劇場で、お待ちしております。









大島朋恵



--------



兇魔劇「TSUYAMA30ー津山三十人殺しー」

脚本 高取英(『〈津山三十人殺し〉幻視行』より)

演出 森永理科

音楽 krishnablue/EURO(SPEED-iD)

絵 岡庭秀之(開座)




カンフェティにて整理券番号付チケット発売中!



ADVANCE TICKET 4,300yen

http://confetti-web.com/TSUYAMA30



STUDENT TICKET 3,000yen

カルテットオンラインにて取扱中

https://quartet-online.net/ticket/tsuyama30



キャストがみたいなどはTSUYAMA30特設ページへ

https://psychosis13.com/tsuyama30



事前物販ECサイト

https://psychosis.base.ec/




毎週土曜日21:00〜

HAUS OF PSYCHOSIS on YOUTUBE

https://youtube.com/channel/UCzR8uoqC5w3tGwMDnx7qXXA



オタヨリフォーム

https://forms.gle/hzbsUp45UgbsXXcS7





104 views0 comments

Recent Posts

See All