top of page

「PSYCHOSISの記憶/三坂知絵子」

更新日:2023年6月27日


皆さまこんにちは。

PSYCHOSIS初参加の

三坂知絵子と申します。

今回の舞台「疫病流行記」では

【鼠取り屋の母】

【蠅叩きの女】

を演じます。

どうぞよろしくお願いいたします。


これまでずっと

私はPSYCHOSISの観客席におりました。


PSYCHOSIS File:001

幻魔怪奇劇「DGURA MAGRA-ドグラ・マグラ-」

2021年7月16日に観劇



PSYCHOSIS File:002

兇魔劇「TSUYAMA30-津山三十人殺し-」

2022年7月17日に観劇



PSYCHOSIS File:003

「G線上のアリア」

2022年12月17日に観劇



ずっと憧れておりましたPSYCHOSISの舞台に立てること、

ワクワクしております。

稽古もたいへん刺激的です。

具体的に形にしていくスピードが、はやい!

セッションしてゆく楽しさ!

そこに、理科さんの演出があざやかに入ります。


公演初日まであと1か月となりました。

PSYCHOSIS「疫病流行記」

7月13日からです。どうぞお楽しみに!!

.

.

.

私が好きな寺山修司「疫病流行記」の中の言葉は


「一切の記憶は、疫病でした。」


です。


「一切の◯◯は、疫病でした。」


あなたなら、◯◯に、何を入れますか?




PSYCHOSIS File:04

寺山修司没後40年記念認定事業

『疫病流行記』


言葉 寺山修司/演出 森永理科

音楽 krishnablue/絵 上野顕太郎

劇場 ザムザ阿佐谷


2023年7月13日(木)-18日(火)


GET TICKET!!

ADVANCE

STUDENT

閲覧数:115回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page