top of page

つまりこれはパンとサーカス/小林夢二


みなさんこんにちは、概ねの方、初めまして。少年王者舘所属の小林夢二です。



PSYCHOSISの公演、出演は今回はじめてなのですが、これまでちょくちょく受付手伝いをしているので、これを読んでる方でお会いしたことがある方もいるかもしれません。まあ、僕はお芝居の受付の方を覚えたことないので、みなさんも忘れてるかと思います。


せっかく読んでいただいているので、2つ有益な情報をお渡ししたいと思います。

1つ目は、代表的な中国家庭料理「トマトと卵の炒め物」の美味しい作り方です。かのフランシス・フォード・コッポラ監督も「映画がつまんなくても美味しい料理レシピを紹介したら観客は許してくれるから……」って理由でゴッドファーザーにおいてクレメンザのミートボールのシーンをぶち込んだそうなので、美味しい料理レシピは極めて有益です。コッポラが言うんだから間違いない。ここでミートボールのトマト煮込みのレシピ紹介しようかとも思ったのですが、肉団子作るのは明らかにめんどくさい。なら、同じタンパク質で且つ肉団子も卵も形が丸いから、トポロジー的にはほぼ同じ存在なのでトマ玉炒めです。

レシピは確かな確かさで中国料理の情報を提供してくれる80C(ハオチー)にて5月29日に紹介されていた、池袋「沙漠之月」英英さん流のつゆだくトマトと卵の炒め物を少し家でやりやすくしたものです。


・トマトと卵の炒め物

【材料(2〜3人前)】

トマト(中)1個卵(LLサイズ)2個(殻付きで141g)サラダ油 大さじ3

・薬味にんにく 1片をみじん切り(5g)しょうが 薄切りを数枚をみじん切り(5g)白ねぎ 斜め切り数枚をみじん切り(7g)

・調味料トマト水煮(缶詰。カットタイプ)大さじ山盛り3水 大さじ4砂糖 小さじ1塩 ひとつまみ(小さじ1/5)白胡椒 少々ごま油 小さじ1


【工程】

(1)材料を切る

薬味はみじん切りに、トマトは1個10片程度の乱切りに。

(2)卵を溶く

菜箸などで白身の塊を切るように混ぜる。

(3)多めの油を熱する

卵の炒め物は油を遠慮してはいけないので、深めのフライパンに大さじ3杯目安に入れる。このレシピに限ったことではないけれど、なぜか素人判断で油を減らす人がいますが、それが原因でだいたい失敗します。油の分量変えないほうがいいですマジで。特に中華料理。油が怖いなら中華を食うな。

(4)卵を加熱し取り出す

火加減は中火から中強火。油がしっかり熱されたところで卵を注ぎ入れる。しばらくすると卵がむわーっと膨らんでくる。膨らんできた卵をへらでひっくり返し、表面に生っぽいところがないように焼く。へらは細かく動かさず、卵がなんとなくいくつかの塊にまとまるよう誘導する。

卵は追ってトマト汁の中で軽く煮るため、表面が固まれば、中は完全に火が通っていない状態でもOK。まとまってきたら、ボウルなどに取り出す。

(5)フライパンに残った油で薬味を炒める

卵を取り出した後、フライパンに残った油で、焦がさないよう薬味を炒めて少し香りを出す。英英さんの炒め時間は10秒程度。後でさらに加熱するため、この段階ではしっかり炒めなくてもよい。炒め油が少ないようなら少し足す。

(6)トマトを炒め、さらにトマト水煮を加えて炒める

フライパンにトマトを加え、炒めて少し周りがしんなりしてきたら、トマトの水煮を大さじ山盛り3杯ほど加えて炒める。

(7)調味料を加え、さらに加熱し、トマトソースを作る

水大さじ4、砂糖小さじ1、塩ひとつまみ、白胡椒少々を加え、トマトと水煮トマトを煮る。油と同じく、砂糖も減らす人が多いが、減らすな。いじっていいと書いてある部分以外レシピをいじるな。

(8)炒めた卵を加え、混ぜ合わせる

取り出しておいた卵を入れ、へらを大きく動かして、卵が崩れすぎないように全体を混ぜ合わせる。トマトソースで軽く卵を煮るようにして全体がなじんだら、ごま油をたらっとたらして香りづけし、火からおろす。

汁気が多いから、少し縁の高い器に盛り付けよう。


米と合わせるのもいいですが、汁気が多いから麺と合わせるのもいいです。うどん、ソーメン、中華麺、好きな麺を用意して君オリジナルのトマトと卵の炒め麺を作ろう。


次に2個目の有益な情報、それは7月13〜18日にザムザ阿佐ヶ谷にて行われる、PSYCHOSISの疫病流行記がとても面白い舞台になるということです。これはかなり確信の強い情報です!そう、これは公演の宣伝ブログ。こうしたことが書かれます。ここまで読んで何のこっちゃと思われた方もいるかもしれません。美味しい料理レシピを紹介したから許してね。

それではみなさま、是非、会場でお会いしましょう。再見!






PSYCHOSIS File:04

寺山修司没後40年記念認定事業

『疫病流行記』


言葉 寺山修司/演出 森永理科

音楽 krishnablue/絵 上野顕太郎

劇場 ザムザ阿佐谷


2023年7月13日(木)-18日(火)


GET TICKET!!

ADVANCE

STUDENT

閲覧数:130回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page